profile

松原友/テノール

東京藝術大学卒業。同大学院修了。ロームミュージックファンデーション、野村財団奨学生としてミュンヘン音楽大学大学院、ウィーン国立音楽大学リート・オラトリオ科卒業。声楽を三林輝夫、竹村靖子、大森地塩、松本美和子、ヨゼフ・ロイブル、ドイツリートを小林道夫、白井光子、ヘルムート・ドイチュ、チャールズ・スペンサー、オラトリオを畑儀文、ロマン・エミリウス、ゲルト・テュルクに師事。第51回全国学生音楽コンクール全国大会第1位、第13回日仏声楽コンクール第3位、第24回摂津音楽祭銅賞、第14回松方ホール音楽賞、第81回、83回日本音楽コンクール第3位・岩谷賞(聴衆賞)、第71回文化庁芸術祭新人賞受賞。

 これまでヨーロッパ、日本各地でのリサイタル、NHKリサイタルノヴァ、ルールトリエンナーレ、トビリシ音楽祭、小澤征爾音楽塾、サイトウキネンフェスティバル、フェニックスホール・レヴォリューションシリーズ、新進演奏家育成プロジェクト・リサイタルシリーズ(日本演奏連盟)、PMF音楽祭等に出演。小澤征爾、秋山和慶、飯守泰次郎、ウルフ・シルマー、準・メルクル、インゴ・メッツマッハー、ハルトムート・ヘンヒェン、山田和樹他、国際的な指揮者と共演を重ねる。ミュンヘンプリンツレゲンテン劇場、日生劇場、兵庫県立芸術文化センター、びわ湖ホール等のオペラ公演に携わる。オラトリオにおいてはバッハ「ヨハネ受難曲」、「マタイ受難曲」の福音史家をはじめ、ツィンマーマン「わたしは改めて太陽の下に行われる虐げのすべてを見た」(新日本フィルハーモニー交響楽団定期演奏会・日本初演)等現代の作品に至るまで数多くの公演に出演。
リサイタルはシューベルト三大歌曲集(ピアノ:小林道夫、児嶋一江、山田剛史、佐藤卓史)、シューマン「詩人の恋」「リーダークライス」、マーラー、ヴォルフにいたるまで開催。
 武蔵野音楽大学、同志社女子大学、相愛大学、大阪音楽大学、京都市立芸術大学、大阪教育大学、大阪府立夕陽丘高校音楽科各非常勤講師。東京二期会、日本演奏連盟会員。